ペット可の賃貸物件が増える背景

最近、賃貸物件の広告で、ペット可の文言が入っているのをよく見かけます。
世の中は空前のペットブームで、約半数の人は、何かしらの動物を飼っています。
また、現在動物を飼っていない人であっても、将来的にペットを飼うことを希望しているという人が、年々増加傾向にあります。
不動産業界でも、このペットブームを追い風にするべく、ペット可の賃貸物件を増やしています。
ペットが飼育できるということで、顧客の取り込みを狙う試みが成功している例もあります。
ペット可の広告を出したことで、問い合わせの数も増えているとの報告もあります。
ただ、賃貸住宅でペットを飼うためには、何らかの条件が付きます。
動物を飼うことが認められていると言っても、その種類や大きさ、個体数に制限が設けられることも多いのです。
猫や小型犬は許可が下りても、大型犬や特殊動物は、許可にならない場合が多いといいます。
動物を飼うことが認められている物件といっても、規則は千差万別です。
入居を考える際には、事前調査が欠かせません。